DOCTOR WHOなつぶやき

イギリスのSFドラマ「ドクター・フー」の話題を拾った時につぶやいてます。

June 2018

「ドクター・フー」を復活させた男、脚本家ラッセル・T・デイヴィスによる久々のBBCドラマ「A VERY ENGLISH SCANDAL」が放送され・・・ました(いつも情報が遅いサイトです。)


とってもイギリス的なスキャンダルがドラマに / BBC

70年代にイギリスの国会議員で初めて殺人教唆の罪で起訴されたジェレミー・ソープ。彼の政治的スキャンダル事件をベースにしたこのドラマは、ヒュー・グラントが25年振りのイギリスTVドラマ出演(やっぱり例の事件で干されていたの?)そして「パディントン2」に続いてのベン・ウィショーとの共演(笑)という事でも話題になっていましたが・・・これがメチャクチャ面白かったんですよぉ!!

農場で働く青年ノーマン・スコット(ベン・ウィショー)に一目惚れした国会議員ジェレミー・ソープ(ヒュー・グラント)。彼を頼ってロンドンに出てきたノーマンにアパートを与え、二人は愛人関係となるが、その蜜月も長くは続かなかった。政界では飛ぶ鳥を落とす勢いだったノーマンは、リベラル党の党首となって首相の座を狙うが、度々彼の周囲に現れ、二人の同性愛関係を吹聴するノーマン。自らを守るために、ジェレミーはノーマンの殺害を画策するようになる・・・


25年ぶりにイギリスのTVドラマに登場の"おヒュー”様 / BBC

と、ストーリーだけを聞くと、犯罪ドラマか政治ドラマみたいですが、ベン・ウィショーがインタビューで言っていたように、実はこれがかなりのコメディ・ドラマ!それなりに真剣に殺人を考えるジェレミー、彼のためなら何でもするけど殺人はちょっと・・な友人たち、自分の発言が国中を巻き込むスキャンダルになるなんて考えもしないノーマン、ジェレミーの妻、ノーマンを愛する人たち、彼を捨てる人たち。人間臭くて憎めない人たちのドタバタが、ラッセル・T・デイヴィスらしいユーモアに溢れたセリフと軽快なテンポで笑わせてくれます。

でも、このドラマを単なるドタバタ・コメディで終わらせないのが、この愛おしいほどに愚かな人たちを優しい眼差しで見つめるラッセル・T・デイビスの脚本と、これでもかと言わんばかりに贅沢に揃えまくった実力派俳優たちの演技力。


実力派俳優のひとり(笑)
ノーマン・スコットを演じるベン・ウィショー! / BBC

「ラブコメ・キング」なんて汚名を蹴り飛ばすヒュー・グラントの演技の素晴らしさは当然ですが、やっぱりベン・ウィショーのオカマちゃんっぷりに目が釘づけ(笑)エキセントリックで大胆、でもナイーブで、おとぼけなぐらいに人を疑わず、芯が強くてチャーミング、そしてジェレミーが初めて出会った頃の純粋無垢な雰囲気を失わない。ベン・ウィショーだからこそ生み出した、こんなノーマン・スコットというキャラクター。そしてこのノーマンを好きになってしまったからこそ、エンディングのサプライズに思わず笑顔になってしまう。


こんな純朴な青年が・・・

堂々たるオカマちゃんになります(笑)/ BBC

放浪生活を送りながら、相手構わずジェレミーとの肉体関係を赤裸々に喋りまくるノーマンも、その本心は金目当てでもLGBTのヒーローになる事でもなく、自分とジェレミーは恋人同士だったのだと世に認めさせたいだけ。そしてジェレミーの憎しみも、その裏にあるのは、嘘を重ねて生きる自分とは正反対のノーマンへの嫉妬と、彼との蜜月の思い出。普段は機関銃のように喋るジェレミーとノーマンが何も話さないラスト・シーンは、実は裁判の終わりこそが二人のラブ・ストーリーの本当の終わりだったのだと、二人の俳優はその表情だけで観る者たちに伝えてくるのです。

イギリスでも「BAFTA(英国アカデミー賞)間違い無し!」と大絶賛されている「A Very English Scandal」!きっと日本でも観られると思いますが、まだしばらくはiPlayerでも観られますので、ぜひぜひチェックしてください!


「”BAFTA間違いなし!”ですってよ!」「うっそー!」 / BBC

・・・だからね、BBCのおエライさん!こんな素晴らしいドラマを作っているんだから、世界中の人たちが観られるようにしようよっ!!ライセンス料ぐらい払うからさっ・・・という心の叫びはなかなかBBCには届かず、当サイトがオススメしていたVPNソフト「Tunnelbear」ではiPlayerが観られなくなりました。でもまだまだ頑張ってる業者はありますので、その紹介はこちらの→「デジタルな話」に追記しておきます。

ちなみにドラマの中で、ウェールズのド田舎でノーマンと関係を持つ未亡人グエンを演じているのは、「ドクター・フー」のスピンオフ・ドラマ「トーチウッド」で、グエン・クーパを演じたイヴ・マイルズ!今回は、ノーマンの元を訪ねてきて、いきなりノーマンを食っちゃう肉食系で強烈なオバちゃんを演じてますよ。


トレード・マークのすきっ歯は相変わらず

そして、そして、ジェレミーの弁護士、ジョージ・カーマンを演じるエイドリアン・スカボローは、「ドクター・フー」第7シリーズの「A Town Called Marcy」で、Dr.カーラー・ジャック役として登場していた俳優。今回は「Marciless(無慈悲)」と評される強烈な個性の弁護士を演じていますが、彼はローレンス・オリヴィエ賞を受賞したこともある名優だそうですよ。ほんとに「ドクター・フー」って贅沢なドラマですねぇ。


宇宙人カーラ・ジャックより強烈な弁護士(笑)

そして更に、更に、このドラマでは音楽担当も「ドクター・フー」シリーズでお馴染みのMURRY GOLDです!クラシックなサウンドからディスコ・ミュージックまで、このドラマのリズムと時代にピッタリと合っていて、ここでも良い仕事してますよ。

May 2018

久々の更新なのに「ドクター・フー」の話題じゃなくてすみません。

3月、ベン・ウィショー出演の舞台「ジュリアス・シーザー」を観るためにロンドンに行ってきました。


Julius Caesar ブリッジ・シアターのサイトより

ナショナル・シアター系の新劇場ブリッジ・シアターでのこの舞台、シェイクスピアによる2000年以上前の暗殺劇で現代の政治的危機状況を描き、ダイナミックで、自由で、そしてブルータスを演じるベン・ウィショーが美しかった!(でへへ)そんな観劇レポはこちらから→(そして、他に観てきたライブについてはこちらから→どうぞ。)ついでにドラマ「ロンドン・スパイ」ロケ地巡りも地道に増えてます(こちらから→どうぞ。)


右がデヴィッド・モリッシー / BBC

今回の舞台でブルータスと敵対するアンソニーを演じたデヴィッド・モリッシー。「ドクター・フー」ファンには、「The Next Doctor」(10thドクターのラスト・シーズン)での"The Doctor”ことジャクソン・レイクを演じた俳優としてお馴染みですが、この舞台でブルータスと共にシーザーを暗殺するキャスカを演じたアジョア・アンドー。どこかで見た顔だな・・・と思ったら、マーサ・ジョーンズのお母さんを演じていた俳優でした。英国俳優はTVや映画、舞台でバランス良く仕事してますねぇ。

デビッド・モリッシーは舞台終了後には観客で賑わうロビーをフツーにフラフラしていて、気さくにファンと話したり、中学生たちと写真を撮ったりしていましたよ。ベン・ウィショーもそれくらいフラフラしていてくれるといいのになぁ。それでも何とかサインもらってきました(苦笑)


ハロルド・ピンター劇場で舞台出演中のパール・マッキー

舞台といえば、12thドクターのコンパニオン、ビルを演じたパール・マッキーもちょうど舞台「The Birthdy Party」に出演中でした。主演は「Amy's Choice」でDream Lordを怪演したトビー・ジョーンズ。面白そうだったけど、ベンの舞台で忙しくてね(苦笑)

ところで、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館が、過去の演劇作品をアーカイブ映像として山のように保存している事をご存知でした?!

今回の劇場で、日本のファンの方とベン・ウィショー話しで盛り上がり、その彼女から、この美術館がベン主演の伝説的舞台「ハムレット」の映像を保管していると教えられ、さらに彼女がすでに視聴のためのアポをとっていたので、それにホイホイとくっついて行き、23歳のベンが演じる素晴らしきハムレットを遂に観ましたぁ(その詳しい話はこちらで→


23歳のベン演じるハムレット / Daily Mirrorのサイトから拝借

帰国後、美術館のアーカイブ・リストをざっとチェックしていたら、あれっ?アルメイダ劇場での「American Psycho」がある・・・これって、マット・スミスが出演した舞台では??そうです、「ドクター・フー」を降板し、ようやく丸坊主が少し伸びてきたマットが血まみれサイコパスを演じたあの舞台・・・のはず!


血まみれマットのアメリカン・サイコ

というのも、このリストには収録日時と劇場しか情報が載っていないため、誰が出演したのか分からないのです(そのリストはこのページ→の「National Video Archive of Performance (NVAP)」にPDFとして載っています。)

その上、観るためには事前に美術館にアポを取らなければならないとか、当然のごとく字幕は無いとか、ロンドンにまで行きながら狭い視聴ルームに篭って何時間も過ごすハメになるとか(苦笑)多少の大変さはありますが、他にも色々とお宝映像が眠っていそうなので、興味のある方はチェックを!

そしてアーカイブの紹介ビデオがこちらで観られます→。ハムレット演じるベンも一瞬登場しますが、デヴィッド・テナントの舞台も収録されてましたよ。

もうひとつ、悲しいお知らせ。BBC iPlayerが本気でVPN対策を始めたため、愛用していたVPNソフト「Tunnelbear」では接続が出来なくなってしまいました。6年間もお世話になったので、有料コースの解約をポチッとしたら、可愛いクマに泣かれてとても辛かったです(あの可愛らしいセンスが大好きなサービスだったのに・・・。)まだ対策をかいくぐっているサービスもあるようですし、Tunnelbearも対応を迫られていると思うので、新しい情報が入ったらまたお知らせします。でも所詮はイタチごっこですから・・・本当ならVPNサービスよりBBCにお金を払いたいのにね。

January 2018

"Doctor, I let you go"

12thドクター最後のアドベンチャーとなったクリスマス・スペシャル「Twice upon a time」は、クリスマスらしい笑いあり、涙あり、アクションあり、ダーレクありの60分!


Twice upon a Time / BBC

ピーター・カパルディの12thドクターと、デヴィッド・ブラドリー演じる1stドクターの共演は、まさにケミストリー!50周年記念「The Day of the Doctor」での10th&11thの絡みを思い出させてくれました。1stドクターのターディスに乗れたおかげか、キャプテン(大佐)を演じるマーク・ゲイティスも終始良いノリ(笑)


12thドクター&1stドクター / BBC

そして1stドクターとキャプテンの前時代的な女性観に対して、アタフタな12thドクター(あれ?タイムロードは男女の区別なんて超越しているはずでは??)まるで新ドクターが女性だと発表された時の大騒ぎを笑い飛ばしているみたい。


ビルにオタオタなおっさん達 / BBC

そしてそんな女性観を軽くあしらうビル(&ナードル)の復活は嬉しい限りでしたが・・・でも、思いがけないクララの再登場には、やっぱり涙が出ちゃったかな(苦笑)

"The Universe generally fails to be a fairy tale, but that's where we come in !"

戦いの日々に疲れ、リジェネレーションを拒絶して「ドクターの死」を選択しようとした12thドクター。しかし、人類の歴史の中で起こった小さな奇跡を目の当たりにして、たとえほんの少しの命を救うためだけであっても、残酷な現実におとぎ話という小さな奇跡を生み出すために、もう一度「ドクター」に命を託しました。

"Remember, hate is always foolish and love is always wise. Always try to be nice, but never fail to be kind."

そして12thドクターの最後の言葉は、「ドクター・フー」を8年間引っ張ってきた総合プロデューサー、スティーブン・モファットが未来の「ドクター」へ託したメッセージ。そしてその言葉に、死にゆく12thドクターの切なさと、決意と、彼ならではのツンデレな優しさを込めたピーター・カパルディ・・・(涙)


”Oh! ブリリアント!”な13thドクター!/ BBC

でも!でも!ほんの数分のシーンなのに、しっかりドクターっぷりを発揮してくれたジョディ・ウィッテカー! 13thドクターとしてどんな奇跡を起こしてくれるのか。メッチャ楽しみになりました!・・・でも、12thドクターのボロボロになったベルベット・コートを着たジョディもカッコよかったなぁ。そう思うと、マニッシュ系でダークなコスチューム姿の13thドクターも案外良かったかもね。

さてさて、ここ1,2年で新たに増えた「ドクター・フー」フィギュアをこちらで→紹介していますので、良ければ読んで下さいね。


その他

このサイトに関するご意見・ご希望は
管理人のきちっちまで