DOCTOR WHOなつぶやき

イギリスのSFドラマ「ドクター・フー」の話題を拾った時につぶやいてます。

Nov 2018

10月からスタートした新生「ドクター・フー」!総合プロデューサーに、ドラマ「ブロードチャーチ」を手がけたクリス・チブナルが就任し、ジョディ・ウィッテカーが初の女性ドクターとして登場!


ターディスも新調されました / BBC

本国イギリスでも評判は上々・・・なのですが、正直、個人的にはあまり面白くないのです・・・。

良く言えば、これまでのシリーズの中でクリス・チブナルが脚本を担当したエピソードと同様に、分かりやすく古典的なSFの世界。でも、悪く言えば、話のスケールが小粒で、オーソドックスな印象なのです。ラッセル・T・デイヴィスのようにユーモアに溢れてハチャメチャなストーリーでもなく、スティーブン・モファットのように奇想天外・トリッキーでありながら、ヒューマニズムや切なさ、ロマンチックさを感じさせたストーリーでもない。この2人の「ドクター・フー」を見た後では、古典的SFでは物足りないんです・・・。音楽もマリー・ゴールドからSegun Akinolaに交代して、テーマ曲が復古的なシンセサイザー・サウンドに変わりましたが、以前のようなワクワク感が無い(涙)ドラマの中の音楽も昔のB級SF音楽みたい。クララが月夜の螺旋階段を駆け上がるシーンのように、音楽と映像が融合した幻想的で美しいシーンはもう見られないのかな・・・。

そして、キャスティングがダイバーシティに配慮されているのは良いんですが、そういったテーマがあまりにストレートにストーリーに織り込まれると、やや説教くさく感じてしまいます。そしてクリス・チブナルは「家族」をテーマにしたストーリーが得意と言われいて、今回の「ドクター・フー」でもやたらと家族の話が入ってきて・・・う〜ん、そのテーマはいらない(苦笑)

ジョディ演じるドクターはチャーミングなんですが、ただ、マット・スミスやピーター・カパルディが演じた強烈な個性のドクターに比べると、まだまだ弾けっぷりが足りない・・・。


ドクターっぽいんですけどね / BBC

古典的な「ドクター・フー」は、根っからのSF好きなファンには受けが良いのかもしれませんが、”SFファン”ではない「ドクター・フー」好きには今のシリーズは辛いかも・・・。

なので、気分を変えて、別のBBCドラマを観てみました。「ドクター・フー」のクララ役でお馴染み、ジェナ・コールマン主演のサスペンス・ドラマ「THE CRY」。これがかなり面白かったんですよ!お勧め!


ジェナ・コールマン主演 THE CRY / BBC

ジェナが演じるのは、生まれたばかりの息子の世話で育児ノイローゼー気味の母親ジョアナ。社会から孤立して、精神的に疲弊していく彼女が、些細な場面の積み重ねで描かれて、でも、その一方で、冷静に精神鑑定を受けるジョアナや、被告席に座る彼女の裁判の様子も同時に描かれていきます。そしてパートナーが元妻から娘の親権を取り戻すため、ジョアナ達を連れて向かったオーストラリアで事件が起こります。

ジョアナを追うマスコミやSNSのように、彼女への疑いと同情の間を揺れ動きながら、「きっと、こんなストーリーなんだろう」なんて予想は次々と覆され、そして最後に待ち受ける大どんでん返し!交差する時系列とスリリングな展開にグイグイ引き込まれます!個人的にサスペンスは苦手なのですが、そんな事を忘れさせる程の良質なヒューマン・ドラマですよ。


ジェナが良いんですよ! / BBC

そしてジェナ・コールマンも素晴らしい!自分の子供への愛憎を抱え、知的だけど不安定で脆く、自分の意思を強く持てずにいつも周りに流されてしまうジョアナという女性を、繊細に美しく演じていて、とても良いですよ!でもジョアナも元小学校の先生という設定なので、ジェナは基本的に先生タイプなのかな?

ところで、マット・スミスが次の「スター・ウォーズ」に出演するという話はどうなったんでしょうね?

June 2018

「ドクター・フー」を復活させた男、脚本家ラッセル・T・デイヴィスによる久々のBBCドラマ「A VERY ENGLISH SCANDAL」が放送され・・・ました(いつも情報が遅いサイトです。)


とってもイギリス的なスキャンダルがドラマに / BBC

70年代にイギリスの国会議員で初めて殺人教唆の罪で起訴されたジェレミー・ソープ。彼の政治的スキャンダル事件をベースにしたこのドラマは、ヒュー・グラントが25年振りのイギリスTVドラマ出演(やっぱり例の事件で干されていたの?)そして「パディントン2」に続いてのベン・ウィショーとの共演(笑)という事でも話題になっていましたが・・・これがメチャクチャ面白かったんですよぉ!!

農場で働く青年ノーマン・スコット(ベン・ウィショー)に一目惚れした国会議員ジェレミー・ソープ(ヒュー・グラント)。彼を頼ってロンドンに出てきたノーマンにアパートを与え、二人は愛人関係となるが、その蜜月も長くは続かなかった。政界では飛ぶ鳥を落とす勢いだったジェレミーは、リベラル党の党首となって首相の座を狙うが、度々彼の周囲に現れ、二人の同性愛関係を吹聴するノーマン。自らを守るために、ジェレミーはノーマンの殺害を画策するようになる・・・


25年ぶりにイギリスのTVドラマに登場の"おヒュー”様 / BBC

と、ストーリーだけを聞くと、犯罪ドラマか政治ドラマのようですが、ベン・ウィショーがインタビューで言っていたように、実はこれがかなりのコメディ・ドラマ!それなりに真剣に殺人を考えるジェレミー、彼のためなら何でもするけど殺人はちょっと・・な友人たち、自分の発言が国中を巻き込むスキャンダルになるなんて考えもしないノーマン、そしてジェレミーの妻、ノーマンを愛する人たち、彼を捨てる人たち。人間臭くて憎めない人たちのドタバタが、ラッセル・T・デイヴィスらしいユーモアに溢れたセリフと軽快なテンポで笑わせてくれます。

でも、このドラマを単なるドタバタ・コメディで終わらせないのが、この愛おしいほどに愚かな人たちを優しい眼差しで見つめるラッセル・T・デイビスの脚本と、これでもかと言わんばかりに贅沢に揃えまくった実力派俳優たちの演技力。


実力派俳優のひとり(笑)
ノーマン・スコットを演じるベン・ウィショー! / BBC

「ラブコメ・キング」なんて汚名を蹴り飛ばすヒュー・グラントの演技の素晴らしさは当然ですが、やっぱりベン・ウィショーのオカマちゃんっぷりに目が釘づけ(笑)エキセントリックで大胆、でもナイーブで、おとぼけなぐらいに人を疑わず、芯が強くてチャーミング、そしてジェレミーが初めて出会った頃の純粋無垢な雰囲気を失わない。ベン・ウィショーらしく作り出したノーマン・スコットというキャラクター。そしてこのノーマンを好きになってしまったからこそ、このドラマのエンディングでのサプライズには思わず笑顔になってしまうんです。


こんな純朴な青年が・・・

堂々たるオカマちゃんになります(笑)/ BBC

放浪生活を送りながら、相手構わずジェレミーとの肉体関係を赤裸々に喋りまくるノーマンも、その本心は金目当てでもLGBTのヒーローになる事でもなく、自分とジェレミーは恋人同士だったのだと世に認めさせたいだけ。そしてジェレミーの憎しみも、その裏にあるのは、嘘を重ねて生きる自分とは正反対のノーマンへの嫉妬と、彼との蜜月の思い出。普段は機関銃のように喋るジェレミーとノーマンが何も話さないラスト・シーンは、実は裁判の終わりこそが二人のラブ・ストーリーの本当の終わりだったのだと、二人の俳優はその表情だけで観る者たちに伝えてくるのです。

イギリスでも「BAFTA(英国アカデミー賞)間違い無し!」と大絶賛されている「A Very English Scandal」!きっと日本でも観られると思いますが、まだしばらくはiPlayerでも観られますので、ぜひぜひチェックしてください!


「”BAFTA間違いなし!”ですってよ!」「うっそー!」 / BBC

・・・だからね、BBCのおエライさん!こんな素晴らしいドラマを作っているんだから、世界中の人たちが観られるようにしようよっ!!ライセンス料ぐらい払うからさっ・・・という心の叫びはなかなかBBCには届かず、当サイトがオススメしていたVPNソフト「Tunnelbear」ではiPlayerが観られなくなりました。でもまだまだ頑張ってる業者はありますので、その紹介はこちらの→「デジタルな話」に追記しておきます。

ちなみにドラマの中で、ウェールズのド田舎でノーマンと関係を持つ未亡人グエンを演じているのは、「ドクター・フー」のスピンオフ・ドラマ「トーチウッド」で、グエン・クーパを演じたイヴ・マイルズ!今回は、ノーマンの元を訪ねてきて、いきなりノーマンを食っちゃう肉食系で強烈なオバちゃんを演じてますよ。


トレード・マークのすきっ歯は相変わらず

そして、そして、ジェレミーの弁護士、ジョージ・カーマンを演じるエイドリアン・スカボローは、「ドクター・フー」第7シリーズの「A Town Called Marcy」で、Dr.カーラー・ジャック役として登場していた俳優。今回は「Marciless(無慈悲)」と評される強烈な個性の弁護士を演じていますが、彼はローレンス・オリヴィエ賞を受賞したこともある名優だそうですよ。ほんとに「ドクター・フー」って贅沢なドラマですねぇ。


宇宙人カーラ・ジャックより強烈な弁護士(笑)

そして更に、更に、このドラマでは音楽担当も「ドクター・フー」シリーズでお馴染みのMURRY GOLDです!クラシックなサウンドからディスコ・ミュージックまで、このドラマのリズムと時代にピッタリと合っていて、ここでも良い仕事してますよ。

その他

このサイトに関するご意見・ご希望は
管理人のきちっちまで